T鳥居より拝殿
2 拝殿 
7 応神天皇御陵 
6 放生橋より御陵
4 本殿
8 応神天皇御陵  
西暦四世紀末の大王。仲哀天皇と神功皇后の間の第四子。在位中は朝鮮半島からの文物技術の導入、河内飛鳥の基盤を高めた

応神天皇

3 拝殿中央
5 古戦場石碑

◎写真番号の赤文字は拡大して見られます◎

撮影日  2006/07/26

日本の何処に行ってもある
八幡さまですが意外に詳し
いことを知らずに、氏神様詣
でを行っています。八幡様の
主祭神は応神天皇です。

誉田八幡宮は欽明天皇の
勅願によって応神天皇御陵
前に社殿を建立されたのです。

源氏の氏神として知られてい
ます。
後に源 頼朝は鎌倉
八幡宮を建立しました。
        
誉田(ほんだ)八幡宮

羽曳野市役所の屋上から撮影

古代は難波からみて「近つ飛鳥」を今の大阪府羽曳野市飛鳥を中心とした地域をさし、「遠つ飛鳥」は奈良県高市郡明日香村飛鳥を中心とした地域をさしていました。
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー